2012年10月27日
吹田総合車両所 秋の一般公開
 
 2012年10月27日,熱さがまだ少し残る中,JR西日本の吹田総合車両所で一般公開が行われることになり,足を運んでみることにした。この吹田総合車両所は小学校の頃に一度家族に連れられて行ったこともあり,ちょっとわくわくしながら行ってみることに。
 
 地元の駅から新快速に乗り,高槻で普通列車に乗り換えて昼前には吹田に到着。もう高槻で乗り換える時点で鉄ヲタや親子連れを見かけるようになり,このイベントの早くも実感する。(※は動画からのキャプチャー。)
 

吹田で降りて歩いて逆走する形で会場に到着。

既に多くの人がメインゲートに入って行く。

世代にほぼ関係なく,注目の集まっている「流電」ことモハ52001。

東海道本線で活躍し,晩年を飯田線で過ごした後,81年に準鉄道記念物に指定された名車だ。

運転席を後ろから。

現代の車両と比べると簡素で小ぢんまりとした作りになっている。

モハ52001のナンバープレート。

戦前に製造された車両のため,木で出来ている部分もある。

モハ52001の座席。

座り心地は意外と良く,多くの来場者たちがここに腰掛けて外を眺めていた。

モハ52001の車内の様子。

戦前の電車はなじみが薄いと思ってはいたが,ご覧の通りの人気ぶり。

モハ52001の室内灯。

当然今のようなLEDではない,古い作りである。

車庫に眠る103系USJ塗装。

こちらにも多くのファンがカメラを向けていた。

車庫の前に広がるスライド式レール。

車庫の各レーンに車両を移動させるためのものだが,今回は稼働させず多くの人々が腰かけていた。

工場内を突き抜ける通路。

個々の建物の作りや無数に張り巡らされたパイプが工場の風情を醸し出している。

ウグイス色の201系。

東大阪地区ではもうお馴染みの車両だ。

普段本線上で見られないような車両も見どころの一つだ。

事業用車両のクモヤ145。

今もなお「くろしお」に使われているクロ381。

ここでは記念撮影用ブースとなっていた。

今は海パンされているものが大半の113系。

しかも改造前と思しき700番台!!感激!

関空紀州路快速に活躍中の223系0番台。

休日だけに方向幕も「ホリデー」にw

色々と撮っているうちにクロ481-2001と遭遇。

「雷鳥」33号のラストランに就いていただけに,奇跡的な再会となった。

福知山線と山陰本線で活躍する新旧車両の並び。

この2車種が183系800番台に成り代わって君臨する日は近い。

一通り撮影を終えて昼飯。

たまにはカレーも良いもんだ。

 昼飯を食ってから,普段は行かない福知山線に向かうべく吹田を発つ。

※まずは塚本に淀川河川敷へ。

西日を浴びて新大阪に向かう「こうのとり」14号。

※次に向かったのは福知山線脱線事故の現場にほど近い塚口。

城崎温泉を目指す「こうのとり」15号。

※東海道・山陽本線では出現率の低いはずの225系。

ただでさえ223系が多いというのに……。

※塚口から新大阪に戻って撮り鉄を続行。

DE10-1165の単機回送。

※EF66-105による配給8866レ。

編成中には貴重なトキ25000の姿も。

※黄昏の新大阪に入線する287系「こうのとり」16号。

今や福知山線や山陰本線の特急型の主力として無くてはならない存在に。

※先の写真の復路。

DE10は関西では梅小路や梅田の貨物ターミナルでの入れ替えに活躍している。

 こうして色々撮った後に帰宅。長文お読みいただきありがとうございました。

戻る

inserted by FC2 system