元旦 いきなり?!JRと阪急の二本立て!!

 2011年元旦,この日は例年通り何事もなく家でお笑い番組だけ見て過ごすのか……,と思われた。ところが,最後の「はまかぜ」の時に行動を共にしたI君が,正月休みに京都にいる親戚の家に泊まりに行くというので,急遽撮り鉄を決行。一路大阪へと向かった。

(本ページに掲載されている写真は,ケータイあるいはYouTubeにうpしたもののキャプチャー画像によるものです。)

 まず手始めに島本駅での撮影に挑む。最大の獲物はこの冬臨時増発した「雷鳥」87号だ。

 その合間に223系同士の並びをキャッチ! 普通は名神クロスかあるいはもっと山崎駅寄りでこの並びが見られるはずだが,この時は右側の新快速が遅れていてこのような並びに。

 本日最初の大物,485系特急「雷鳥」87号。

 「雷鳥」からの撤退はこの時点であと2ヶ月,最後の頑張りを見せている。

 島本駅での撮影を終え,偶然やって来たニューフェイス・225系の普通列車(高槻から快速)に乗り,大阪を目指す。乗り心地は従来の223系と全く遜色なく,急行料金を取られてもいいと思えてしまうほど。

 大阪に到着すると,丁度キハ189系の「はまかぜ」3号が4番乗り場に停車中だった。

 新時代へ力強く羽ばたく両雄をキャッチ!!

 キハ181系に先立たれながらも頑張りを見せる183系800番台の特急「北近畿」。

 正月ということもあって,先頭のグリーン車はなかなかの乗車率だった。

 またまた偶然の再会を果たした103系混色編成。

 この編成にめぐり合うと,今日は何かいいことがあると感じてしまうのは自分だけだろうか(笑)。

 この日I君が乗っていた「北近畿」10号は,雪の影響で20分近い遅れをもって到着。そして合流。

 計画を練っている間に撮れた,本日2度目の485系「雷鳥」89号。

 関西圏で白地の方向幕が見られるのは恐らくこの「雷鳥」だけだろう。

 かつては富山行きの方向幕が常に掲げられていただけに,活躍の終焉を感じさせていた。

 「雷鳥」89号の出発後にI君と昼飯。適当な所が無く,梅田のガード下にある「宮本むなし」で食べる事に。食事の合間にYouTubeのケータイ版からドリフ大爆笑の鉄道ネタを見せたらテンション上がりまくりの様子。その動画はこちら

 I君の計画では梅田から阪急で箕面線,能勢電鉄などの沿線を撮り歩くはずだったが,この日は都合で早く帰らなければならなくなり,甲陽線のみ却下することに。

 まずは梅田を出て阪急宝塚線で石橋へ向かう。

 現在活躍している3100系は,阪急の現役車両の中でヘッドマーク式の行き先表示を掲げている数少ない車両であるというので,撮影しておくことに。

 石橋を出てから次第に山に近づき,駅前のショッピングモールや山肌に建つ住宅地がのどかさを醸し出す街へと入って行く。

 川西能勢口で能勢電鉄の1700系をゲット!

 宝塚からは今津線に乗り換え,(ダイヤモンドクロッシングでおなじみ)西宮北口からは神戸線で塚口へ。

 ここでもまた3100系をゲット。阪急の乗り換え駅は急カーブがすぐ近くにある複雑な構造をした駅が多く,そのあたりに阪急らしさを感じた。

 今回は都合により早めに撮影を切り上げ,塚口を出て十三で京都線に乗り換え。

 そして最新鋭9300系で烏丸までバヒューン!! (写真は1月29日に撮影。)

 余談だが,その車中でI君に「ニコ動にある子供向けのビデオで,阪急をウ○コ呼ばわりしてコメントしてるアホがおったぞ(笑)。」とバラしたら本気でキレられてしまった(汗)。

 そして烏丸で地下鉄に乗り換え,京都駅でI君と分かれる。朝早く起きたため,ちょっと疲れ気味で帰宅。

 

後日談

 I君とは2日にも会うことになっており,一緒に行きつけの模型店へ走らせに行った。I君はTomixのキハ181系に加え,ビコムのDVDも持ってきてくれていた。自分もTomixのキハ181系(はまかぜ色と四国色)を持ってきていたので,楽しい一日になった。ちなみに自分はテラプロのキハ181系のビデオ(まだ嵯峨野山陰線の旧線が現役だった頃のもの)も持ってきたので,I君はテンションが上がりっぱなしの様子(笑)。

左がI君の原色編成,右が自分のはまかぜ色。原色の方は食堂車までつないでいて,ヘッドマークも絵入り「はまかぜ」と「カニカニ」を掲げていた。

この時の模様はYouTubeに投稿済みで,「キハ181系すれ違い3連発」で検索されたし。

長文お読みいただき,ありがとうございました。

戻る

inserted by FC2 system